029-879-7740

住所・
最寄り駅

〒305-0817 茨城県つくば市研究学園2-2-7
※駐車場あり

つくばエクスプレス「研究学園駅」から徒歩12分
つくば市中央消防署向かい

更年期障害

更年期障害とは

更年期とは、卵巣機能が低下する時期をいいます。
卵巣機能が低下することにより生じる種々の症状を更年期障害と呼びます。
日本人女性の平均的な閉経の年齢は50歳と言われます。
更年期障害の好発年齢は50歳±2歳とされます。
つまり、更年期障害は48歳から52歳の間に起こることが多いのです。
卵巣の機能が低下することにより、女性ホルモンの産生が低下します。
血液検査をすると、エストラジオール(E2)が低下します。
下垂体から産生されるLH,FSHと呼ばれるホルモンは上昇します。
ただし、女性ホルモンの数値だけでは診断しません。
これらはあくまで参考所見です。
更年期障害の主な症状としては、ほてり、手足の冷え、動悸、頭重、肩こり、めまい、抑うつ、イライラ、不眠など実に多彩です。
更年期障害の治療としては、ホルモン補充療法、漢方薬による治療、向精神薬による治療などがあります。

漢方医学的にみた更年期障害

漢方医学的にみた場合には、気、血、水の問題があるのか、腎の問題か、肝の問題か、心か、脾の問題かを考えていきます。
ストレスがかかると、気が逆上します(気逆:きぎゃくといいます)。
また、血は滞ります(瘀血:おけつといいます)。
また水が滞ります(水滞:すいたい、あるいは水毒:すいどくといいます)。
腎は五臓の中で生殖器に関係します。
卵巣機能が低下するのが更年期障害の本態ですから、腎の問題はないかを考える必要があります。
また、腎は肝の母です。
腎の不調は肝にも影響を及ぼします。
また、更年期の時期は、心理・社会的に種々のストレスがかかる時期です。
ビジネスパーソンなら、責任ある立場につく年齢に当たります。
家庭では、親の介護、子どもたちの進路、進学の問題など、数え上げればきりがありません。
それらのストレスがかかれば、「肝」に影響を及ぼします。
肝は心の母です。
肝の気が高ぶると心の気も高ぶります。
肝が脾に直接悪影響を与える場合には木克土(もくこくど)と呼ばれます。

更年期障害によく用いられる漢方薬

更年期障害に用いられる漢方薬のベストスリーは、当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)、加味逍遙散(かみしょうようさん)、桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)です。
当帰芍薬散は、色白で、痩せ型。
白い肌で、冷え症。
そしてめまい、むくみを生じやすい人に向きます。
加味逍遙散は、イライラが強く、便秘がち、ホットフラッシュが頻発するような場合によく合います。
桂枝茯苓丸はややがっしりした体型の人。
瘀血(血の滞りです)があるような場合によく効きます。
もちろん、この3剤が全てではありません。
他に以下のような漢方薬も更年期障害に用います。
大事なことは、更年期障害だからと決め打ちするのではなく、患者さんの体質や病状に合わせて、漢方薬を選択するということです。

腎の問題がある場合

八味地黄丸(はちみじおうがん)、六味地黄丸(ろくみじおうがん)、真武湯(しんぶとう)

肝の問題がある場合

柴胡加竜骨牡蛎湯(さいこかりゅうこつぼれいとう)、抑肝散(よくかんさん)、加味逍遥散(かみしょうようさん)、女神散(にょしんさん)、柴胡桂枝湯(さいこけいしとう)、柴胡桂枝乾姜湯(さいこけいしかんきょうとう)、加味帰脾湯(かみきひとう)

心の問題がある場合

加味帰脾湯(かみきひとう)、帰脾湯(きひとう)

脾の問題がある場合

加味帰脾湯(かみきひとう)、帰脾湯(きひとう)、補中益気湯(ほちゅうえっきとう)、人参湯(にんじんとう)、真武湯(しんぶとう)、抑肝散加陳皮半夏(よくかんさんかちんぴはんげ)

瘀血がある場合

桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)、桃核承気湯(とうかくじょうきとう)、通導散(つうどうさん)など

研究学園ななほしクリニック
クリニック名
研究学園ななほしクリニック
診療内容
(診療科目)
漢方内科、心療内科、精神科
住所
〒305-0817
茨城県つくば市研究学園2-2-7
※駐車場あり
TEL
029-879-7740
最寄駅
つくばエクスプレス「研究学園駅」から徒歩12分
つくば市中央消防署向かい
診療時間 日・祝
9:00~13:30
15:00~18:00

●・・・土曜日午後は15:00~17:00
休診日・・・金曜、日曜、祝日